注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

A Day Without Rian

呼吸生活的味道

 
 
 

日志

 
 
关于我

After the rain comes the fair weather! 我总对自己说阳光总在风雨后,雨过总会天晴。 一个不爱认输女孩,飘洋过海追逐着自己的梦想。

网易考拉推荐

日本的端午节(5月5日)  

2009-05-05 17:47:48|  分类: 生活倒影 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

姨妈家的小弟弟,最近从幼儿园回来后就会唱这首歌给我们听,端午节的时候日本人有小孩的人家里就会挂上照片上那样的鲤鱼。

こいのぼりの歌詞

屋根より高い こいのぼり 

大きいまごいは お父さん     

小さいひごいは 子供たち 

面白そうに 泳いでる

 

皐月の空に屋根より高く 風に泳ぐは親子鯉

日本的端午节(5月5日) - 雨晴 - 一生懸命やれば必ず得るものはあるもの

 『こいのぼり』は、端午の節句に飾られる鯉のぼりのテーマとした日本の童謡?唱歌。

 いくつかの歌詞とメロディーが存在するが、「屋根より高い鯉のぼり」?「甍(いらか)の波と 雲の波」を歌い出しとする2曲が有名。

 こいのぼりの風習は。江戸時代に武家で始まったものとされる。男児の出世を願って、家庭の庭先で鯉に模した吹流しが飾られた。

 端午の節句である旧暦の5月5日までの梅雨の時期に飾られることから、「皐幟(さつきのぼり)」とも呼ばれる。     

 

 

 

こいのぼりの由来

端午の節句は、奈良時代から行われている古い行事です。 

端午というのは、五月の初めの午(うま)の日という意味です。それがいつのまにか五月五日に固定されてしまいました。  (就会说谎,恶心人!!!就不会诚实的承认是从中国传过来的!)

奈良?平安時代の端午の日は、災厄を避けるための行事が行われる重要な日でした。宮廷ではこの日、軒に菖蒲やよもぎを挿し、臣下の人々は菖蒲を冠に飾ったり、菖蒲の葉の薬玉を柱に下げたりしました。鎌倉時代には、武家の間から菖蒲と尚武をかけてこの日を大切にする気風が生れました。江戸時代には、端午は幕府の重要な式日となり、大名や旗本は江戸城に出仕し将軍にお祝を述べました。将軍に世継が生れると、城中にたくさんの幟や作り物の遣り、長刀、兜などを立てて盛大にこれを祝いました。 

江戸中期になると庶民の間から町民のアイデアで鯉のぼりが生れました。中国に古くから伝わる登竜門の伝説になぞらえ、竜門の滝を登り切ると鯉が竜になるように、我子も健康に育ち、将来は大きく出世して欲しいとの気持を込めたものです?また、「わが家に男の子が生まれました。どうぞお守りください。」と天の神様に伝え、守っていただく意味があるとも伝えられています。 

この頃は和紙に鯉の絵を描いたものでしたが、大正時代に破れない綿の鯉のぼりが生まれ、昭和三十年代の半ばには雨にぬれても。

  评论这张
 
阅读(59)| 评论(3)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017